深谷ねぎまつりプロローグ

ライオンズの優勝セールで買った狭山茶を淹れて、所沢のお団子をいただきます。 「焼きだんごの醤油が香ばしく香るね。」 「やっぱり関東の味って言ったら醤油だね。」 「あのさ、深谷ねぎ祭りはどうだった?私も行けたらよかったんだけど。」 ミーとキーは1月27日、深谷ねぎまつりに行ってきたのです。 「すごく盛り上がってたよ。地元の人が中心みたいだったけどね。」 「すぐ帰って…

続きを読む

京都みさんぽエピローグ

1月の末。プーが所沢のお団子を持って遊びに来て、ミミとキーも来ています。 「まずは京都の七味唐辛子振ったお湯を楽しんでみて。」 得意げにお湯呑みを配るミー。 「おいしい。七味もドリンクになるんだね。」 口の中に清涼感が広がります。 「錦で知ったんだ。」 「実りあるお散歩だったみたいだね。」 「食材の色で感動したりね、ぬるい飲み物でホッとしたりね、色々気付…

続きを読む

京都みさんぽ~夜明け前の東京

ミーがいい気持ちで眠り始めた頃、車内の照明がつきました。 「そろそろ着くよ。」 「うーん・・・。」 (5時55分着だからもうちょっと寝かせられるかな?) バスは10分早く到着。 「ご乗車ありがとうございました。東京駅鍛冶橋駐車場です。」 「ミー、着いたよ。」 「あ・・・、ごめんごめん。」 まだ暗い小寒の朝。 「ひんやりして気持ちいい。」 「眠い・・…

続きを読む

京都みさんぽ~高速バスの乗り心地

東京へ向かう高速バス。 「草津、岡崎、清水、海老名のPAで休憩があります。草津での休憩後、消灯です。」 消灯前でも薄暗い車内。 「早くお弁当食べちゃわないと。ハモ弁、無事かなあ?」  クンクン パクリ 「大丈夫。はい。」 「わー、ありがと。・・・うんうん、穴子ほど甘くしてないね。酢飯もマイルドかな。」 「激安弁当はどう?」 「普通においしいよ。イチゴ洗っといた…

続きを読む

京都みさんぽ~西山天王山の高速バス待合所

高速バス停のある西山天王山駅まで、大宮駅から半時間でした。 「空いてたね。」 東口を出ると、高速バス乗り場を左右に示す看板が。 「上りだから左だ。」 「高速バスのりば(上り)」と書いてある待合所はすぐに分かりました。 「誰もいない。あと30分か。」 「暖房入ってないみたい。」 公式サイトに冷暖房完備とあったので、弱暖房だったと思われます。 「座…

続きを読む