夏の美味しいうみさんぽ~いすみの特産

とりあえず一周しました。 「びわゼリー食べてって。」 一口大の個封を丸ごとくれました。 「果肉がごろッと入ってるね。」 「安いよね。1パックください。」 びわゼリー(5個)、350円。 「私はイセエビ旨味ソースください。」 600円。 「ありがとうございましたー。」 「何食べるか決めた?」 「どうする?」 「とりあえず、「じあじあ」食…

続きを読む

夏の美味しいうみさんぽ~港の夕市

「船だ船だ。」 「潮の香り。」 「海は見えにくいね。」 「26番。はい続いていきましょう。」 イセエビが当たるエビンゴの真っ最中。 「大体、屋根の下なんだ。良かった。」 「保冷の氷だ。冷たーい!」 氷で涼を取る子供のマネをするミー。 「ぐるっと見てみる?」 「行こう行こう。」 会場の手前にキッチンカー、イベント場、屋台。 屋根の下に屋台、イートス…

続きを読む

夏の美味しいうみさんぽ~港町散歩

線路のところにいすみふれあい市場の看板が。 「これも気になるね。」 「左折してすぐかあ。」 「夕市3時からでしょ?品薄になるかも。」 「そうだね。帰りに寄れたら寄ろう。」 人気のない港町をお散歩。 「海まで真っすぐの道って好きだな。」 「住みたくなった?」 「ああいう庭に小さい畑があるのって夢のお家って感じする。でもクーが大きい本屋の近くに住みたいって言うんだ…

続きを読む

夏の美味しいうみさんぽ~大原駅出発

「トイレわりときれいだったね。」 3時半ごろ大原駅を出発。 「どっち?」 「線路沿いを来た方に戻るから、右だ。」 「あの電車、いすみ鉄道?」 「そうだね。ミミ、あ、撮ってるか。」 「だいたい撮ってるから。」 「水飲み場だ。・・・ぬるい。そんなにおいしくないかな?」 5分歩いて踏切へ。 「ファミマだ。寄る?」 「涼めるね。」 「みんなでフラッペ飲もうよ…

続きを読む

夏の美味しいうみさんぽ~港の朝市への行き方

「暑いけど、いい風。」 涼風至る立秋、2時15分ごろ蘇我で乗り換え。 「ホームに鳥の絵だ!撮って撮って。」 「人多くて無理。」 3分後にぎゅうぎゅうの列車が発車。 「トイレ行けなかったけど、夏場は結構もつよね。」 だんだん空いてきてみんな座れました。 「田舎の駅かっこいい。」 カシャカシャ 「田んぼが多いね。」 「お米もお魚もおいしいの…

続きを読む