ミーの天城越え~締めのカキ氷

ミーは陽気の良い日を待ちわびていました。 「プー、今日ジョギングから帰ってきたらカキ氷にしない?」 「うん。小田原で買ったシロップでしょう?楽しみ。」 お店で食べるカキ氷と違って氷は荒いのですが、シロップは上等です。 「おいしいでしょ?みかんは熱を加えてシロップにしてもさわやかさが失われなくて良い。」 「頑張って持って帰った甲斐があったね。」 「クーが一緒だったら…

続きを読む

ミーの天城越えのあと

(ブナの花粉ちゃんと採れてたかなあ。) 藤井クリニックの休診日に藤井先生が電話をくれました。 「落ちてた花からよく花粉が取れたわよ。」 「良かった。スライドガラスにはついてましたか?」 「ええ。3粒ね。」 「3粒…。」 「それで、伊東には天城からブナ花粉が飛んできていないようだとわかりました。」 「あ、研究の役に立ったんですね。」 「それからね、ミーさん、八丁池の…

続きを読む

ミーの天城越え~なかった最中とあったサイダー

「まだ少し時間あるから、シロップと最中買って良い?」 「時間は見てるから。」 まずは朝ドレファーミへ。 「摘果みかんシロップって前買った緑みかんシロップと同じかな?時間ないし買っちゃえ。」 同じでした。 「これで一緒にカキ氷食べようね。」 足早に最中専門店へ。 「キャラメルもなかはあるけど、塩キャラメルもなかはないんですか?」 「期間限定品でしたの…

続きを読む

ミーの天城越え~やっと買えたお弁当

「商店街に安くて気になってるお弁当屋さんがあるの。エルと来たときは閉まってたんだ。」 「安いんなら私も買って行こうかな。」 駅を出て左にある東通りの小田原ごはん亭へ。 「あ、開いてる。」 サラリーマン風の人が二人待っています。 「和牛ステーキ切り落とし丼下さい。」 780円。お肉屋さん直営だから安いです。 「すみません、もう終わってしまいました。」 …

続きを読む

ミーの天城越え~ちょっとだけ北條五代まつり

「北條五代まつりは改札を出て右側でーす。」 小田原駅は今まで来た時と違って賑わっていました。 「祭り見てから帰る時間だと、もう特急売り切れてるみたい。」 「荷物多いから、ギュウギュウで帰るのも大変だし、早めに帰る?」 「そうだね。あ、トイレ行きたい。」 「じゃあ、私が特急券買っておくよ。」 お昼前の地下のトイレは外まで行列ができていました。 「駅前をブラブラ…

続きを読む