六本木さんぽエピローグ

ミッドタウンから地下道に入って、東京メトロ六本木駅を目指していると、プレッセというスーパーを見つけました。 「ここ24時までやってるんだ。寄ってこ。」 お惣菜などが半額になっていました。 「わー、まい泉のカツサンドが半額だー。」 「明日の朝ごはんに良いね。」 ミーは大きいほう、プーは小さいほうを買いました。 「クリスマスのペーパータオルなんかも売ってるんだ…

続きを読む

六本木さんぽ~イルミの中で一休み

ミッドタウンの並木道イルミをお散歩です。 「ちょっと疲れてきた。ベンチに座らない?」 「うん。もうすぐ10時か。1時間くらい歩いてるね。」 「冷たい!石のベンチは冷えるね。さっき木のベンチあったから、そっちにしておけば良かった。」 「今日は携帯用座布団持ってきてないの?」 「あ、バッグに入ってるんだった。」 ミーは化繊の毛糸で編んだ座布団を取り出しました。 「で…

続きを読む

六本木さんぽ~ミッドタウンへ

チェーン店の並ぶ六本木通りを進み、交番のある交差点で左折しました。 「なんか高速道路のとこにROPPONGI ROPPONGIって書いてる。」 「右も左も六本木ってことかな?」 「わかりやすくて良いね。」 しばらく歩くと地下鉄の入り口とイルミネーションに彩られた木々が見えました。 「右の方にイルミが続いてるね。行ってみよう。」 ミッドタウンの手前で右折して坂を…

続きを読む

六本木さんぽ~横断歩道の真ん中から見た東京タワー

けやき坂のイルミネーションは、六本木ヒルズから出た横断歩道のところが撮影スポットになっています。 「信号変わりまーす。信号赤に変わりまーす。」 「ミー、急いで。」 「ちゃんと撮れたかなー。」 東京タワーを背に、緩やかな坂を上って行きます。 「あ、ティファニーがあるよ。」 ショーウィンドウを覗くと、息でガラスが白く曇りました。 「ミーってそういうの好きだっ…

続きを読む

六本木さんぽ~お池のイルミ

夜9時過ぎの毛利庭園。 「もうここはあんまり人気がないね。」 「デートには良いだろうけど、シャッター押してくれる人を捕まえにくいよね。」 ハートの撮影スポットがありました。 「写真撮ってあげようか?」 「いいよ。こんなところに一人で。」 「それもそうだね。」 「ねぇ、水の流れる音が聞こえてくるよね。」 音のする方に近付いてみました。 「暗くてよく見え…

続きを読む