東京のの字さんぽ六本木編~お魚さんたち

(この魚、なんかミミに似てない?) 「わー。可愛い。」 カシャカシャ 「フグかな?」 「ハリセンボンだって。」 「アハハハ。ミミにそっくり。」 「アッハハハハ。」 ブフッ クスッ 「あー、ウケル。そう言えばミー、足利で貰った金魚は結局どうしたの?」 「とりあえずバケツに入れて庭に置いてるの。」 「うちにいらない瓶あるからさ、今度あげるよ。」 明…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~七夕に願いを込めて

「あし・ナビ寄ろっか。」 にんにくソース(350円)とナチュラルフルーツソース(500円)を買って、たかうじ君のビニール袋に入れて貰いました。 「このにんにくソース、大好きなんだ。酸味が弱くてコクがあって、ソース苦手な人にもうけると思うよ。」 SAなどにも売っています。 「ここにカフェスペースあるけど、もうコーヒー飲んじゃったね。」 「私は駅で待つのでも良いよ。…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~お土産いっぱい

足利市駅前に戻ってくると、ちょうどロータリーにマカコさんの旦那さんの車がやってきたところでした。 「お父ちゃん、これ飲んじゃって。おいしいから―。」 ゴクリ 「すげえな。」 手早くあいさつを交わし、野菜と金魚を頂きました。 「え!2匹?」 「1匹じゃかわいそうですから。」 「そうかもしれませんね。」 (えー、水槽どうしよう…。) 「うちの野菜は無農薬…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~中橋からお別れを

中橋に差し掛かると、河原でアウトドアイベントをやっているのが見えました。 「ああいうのグランピングって言うんでしょー?」 「良いねえ。何食べてんだろ?」 「ミカコが小さいころは、外で焼きそばやったりしてたのよー。」 「わー。アパートの庭でバーベキューしたら怒られるかな?」 「うん、ちょっとね。」 渡良瀬橋の反対側に赤い橋が見えます。 「あれは田中橋よー。」 「…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~食べ歩きにちょうど良さそうな

プラザハマダの先にも無料休憩所がありました。 「こういうのあってもカフェとか行っちゃうのかしらねー。」 大通りを左折して中橋に向かうと、喜左衛門という甘味処がありました。 「たかうじ君焼きって名物なのよー。」 「味どうだった?」 「どうだったっけー。たい焼きみたいなものでしょー。」 「ちっちゃくて安いし、お散歩の行動食にピッタリだね。」 「もうお腹いっぱいだけど…

続きを読む