夏の美味しいうみさんぽプロローグ

散々ミミに甘えた旦那さん。またミミを煙たがるようになりました。 (そろそろ出かけていいかな?) ミミ達の豆腐屋へミーとキーが来ました。 「港の夕市、台風来なかったら今度の土曜日行くけど。」 「私が買ってきてもいいよ。」 「私も行く。」 「わー、港ってどこの?」 「いすみ市。九十九里浜の南でいすみ鉄道の起点の・・・」 「ふーん。また散歩?せっかく行くなら海で泳げ…

続きを読む

夏の低山さんぽ祭りエピローグ

霞が関で丸の内線に乗り換え。 東京駅で席が空きました。 「キー、座ってよ。」 淡路町からミーも隣に座れました。 「ちょっと頭痛してきた。箱根山も行けなくはないと思ってたけど、無理だった。」 「猛暑だからハードだったね。」 「ごめん。グランスタか愛宕山か、どっちかだけにするんだった。」 「昔のミーだったら箱根山も行っちゃってたろうね。」 「あ、そうかも。成長した…

続きを読む

夏の低山さんぽ祭り~愛宕神社でお参り

わりと賑わっている狭い境内。 「ネコがだらんとしてる。」 「錦鯉きれい。」 おみくじ処がみつからず、お参りだけして帰りました。 「女坂から下りよう。」 「男坂から下りるのは怖いね。」 「さっき振り返ったらすごく怖かった。」 愛宕山のずい道を抜けます。 「この中、ちょっとヒンヤリするね。」 ずい道を抜けたところに参道に続く小さな階段がありました。 …

続きを読む

夏の低山さんぽ祭り~愛宕神社へ

愛宕山に近づくと蝉時雨がうるさくなります。 「山って言うか、神社だから。」 「織姫神社もそんな感じだったね。」 結構人気があります。 赤い大鳥居の向こうが男坂。 「すごく急だね。」 「でも上まですぐだから行けちゃいそう。」 「行こっか。」 「よいしょ、よいしょ。女坂上るつもりでいたけどね。」 「男坂って出世するんでしょう?」 「ハーハー、・・・って言うけど…

続きを読む

夏の低山さんぽ祭り~虎ノ門ヒルズで登山

トラのもんのグッズが見たいミー。 「ショップとレストランは5階だって。」 途中の2階ワゴンショップで売ってました。 「わー、モン君に買ってあげたいけどちょっと高いな。」 モンくんはキーの甥っ子です。 「ポストカードないや。ウェブに出てるのだけだった。」 2階から庭に出れます。 「きれいだね、公園みたい。」 「「マウンテン」って何だろう?あ、あれ…

続きを読む