月みさんぽプロローグ

ミーがお気に入りの急須の欠けに気づいてブルーになっていた秋雨のある日、プーにお母さんから電話が来ました。 「元気?山には行ってる?」 「ずっと暑かったし、織姫山に行ったぐらいだよ。」 「秋分も過ぎればだいぶ涼しいんじゃない?」 「そうかもね。しばらく登山の予定はないけどね。」 「今度みさんぽでどこに行くの?」 「向島から隅田川に沿ってお月見して行くの。」 「あら!ミーさ…

続きを読む

処暑さんぽ~エピローグ

お茶屋さんを後にして、武蔵野線に乗り込みました。 「和服だと覚えられるみたいだね。」 「悪いことできない。」 「でも、お散歩中、特にジロジロ見られなかったでしょう?」 「全然気にされてなかった。あ、電車から降りる人がチラッと見てたかな?」 簡単に外食して帰ってきました。 「リンドール食べる?」 「うん。わあ、中身がトロトロだね。」 「暑かったね。私、なんかだる…

続きを読む

処暑さんぽ~期間限定のお茶屋さん

マクドナルドの前の通りを渡って交番の近くを通ったら、ガイドマップがありました。 「なんだ、ここにあったんだ。」 「つい見逃してたね。」 駅の入り口で狭山茶を売っていました。 「お茶、何か買いたいから、ちょっと待ってて。」 「いらっしゃいませ。」 「あ、紅茶結構安いですね。」 80g550円。袋にチャック付き。 「この紅茶はね、よくいらっしゃるお客さんが…

続きを読む

処暑さんぽ~最後にたどり着いた史跡

ココイチに出るところの交差点にあるマップで、通船堀公園の位置を確認しておいたのですが・・・。 「芝川下ってから通船堀公園に出れるかな?」 「そのルートの方がよさそうだから、行くだけ行ってみようよ。」 史跡見沼通船堀西縁と記された杭のあたりで人が曲がっていきます。 「ついて行ってみる?」 「これは公園への印でもあるのかもね。」 お堀と木立の薄暗い道を灯りがぼうっ…

続きを読む

処暑さんぽ~桜橋で記念撮影

また桜橋へ。 「ちょっと向こうから写真撮ってくれる?」 カシャ 「ありがとう。プリントしてクーに送ろうかな。」 「じゃあ、お正月に一緒に撮った写真もプリントしてみたら?」 「ああ、あれね。でも、電車の写真の方が喜ぶかなあ・・・。」 「そんなことないでしょ。」 「や、クーって照れ屋だからさ。部屋に妻の写真飾るの、抵抗あるかも。」 「そっか。そういえば、みさんぽの…

続きを読む