関東のの字さんぽ足利編~足利銘仙の歴史

「あ、ミー。早かったね。」 プーとマカコさんは、足利銘仙を紹介する映像を見ていました。 「これ、どんなこと言ってた?」 「クズ繭で作ってたんだってー。」 「広告に力を入れて大ヒットしたとも言ってたよ。」 「展示の着物格好良いもんね。」 「あ、写真撮影禁止だよ。」 「残念。色鉛筆でも持ってくれば良かったかな。」 原色を大胆に使った和モダンの大柄でした。 「…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~意外に早く完成

「まず、型紙を使って、線を引いてくださいね。」 お花の形を2つ作って重ね、くるみボタンを作って真ん中に留めます。 「足利銘仙って、大人数で手分けして作っていたので、今ではもう作れないんですよ。」 「じゃあ、この布、貴重なんですね。」 「そうですよ。今でも機械で作ってるところがあるけど、同じものではないんです。」 「痛っ。刺しちゃった。」 「クスッ。昔のドラマに着物の人…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~銘仙の手作りコサージュ

「こんにちは。」 「こんにちは。銘仙コサージュ作り体験って30分前に予約するそうですけど、30分後に良いですか?」 「30分後ですか?」 「今でも良いのですか?」 「良いですよ。少人数ならすぐ大丈夫です。」 「じゃ、お願いします。私一人です。」 「頑張ってねー。」 「350円になります。この中からお好きなものをお選びください。」 たくさんある足利銘仙の古布を使ったコサ…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~2Fの足利織物伝承館へ

足利織物会館の中へ。 「ふう。ちょっと涼しいね。」 「薄暗くてさびれてるけど、本当にここ?」 なんだか役所の通路を歩いているようでしたが、お蕎麦屋さんなどのテナントが入っています。 「あれ?足利織物会館と足利織物伝承館って別物なのかな?」 建物の端までやってきましたが、見当たらないのでマップを見返してみます。 「やっぱりここだよ。ほら、上の階。」 2…

続きを読む

関東のの字さんぽ足利編~足利織物会館

路地を抜けて大通りに出ました。 「あ、あれ織姫神社の模型?」 「そうだよー。ああいうからくり時計がこの通りにいくつかあるよー。」 「この先が織姫神社?」 「ここからでも行けるけど、もう一つ左の交差点からだと鳥居がすぐ見えるよー。」 「この新聞社もレトロな感じだね。」 「昭和な商店街って感じだよね。右に行くと足利織物会館みたい。」 右折して、少し歩くと像がありました。…

続きを読む