処暑さんぽ~ここから先は

貯水池の先はどうなっているんだろうと歩いてきたら、立入禁止の標識が。 「ん?歩行者は入っていいの?」 「「車両」って書いてないから、歩行者もダメなんだと思う。」 「えーっ。」 「・・・今戻って駅前のマクドナルドで休んだら、夕暮れ時の取材にちょうどいいんじゃない?」 「あ、そうだね。ちょうどよかった。戻ろう戻ろう。」 引き返していくと、ジョギングしてくる人とすれ違いまし…

続きを読む

処暑さんぽ~池にヌゥいるかな?

「ちょっと靴擦れできて来た。」 「消毒液とバンソコあるよ。」 「ちょっとだからいいや。浴衣でグングン歩けるサンダルも探さないとな。」 「ミーの好きなクロックスじゃ、ちょっと合わないからね。」 「子供なら有りかも。」 「ああ、子供の浴衣ならね。」 「このビルケンの合成樹脂のサンダルはさ、クロックスほど歩きやすくはないけど、コーデしやすくって良く履いちゃうんだ。」 鉄塔を通…

続きを読む

処暑さんぽ~藪を抜けて

草深い細道を行きます。 「ミー、前から人が来たよ。」 「あ、すいません、どうぞ。」 すれ違う時は気を使います。 「結構人通りあるね。」 「人気のお散歩コースみたいだね。」 「さっきのサイクリングコースとは大違い。」 「みんな分かってるんだね。」 「チョコ買って来ちゃったけどさ、こんな時のおやつはしょっぱいものの方がいいな。」 「もうパピコ食べてから1時間半経…

続きを読む

処暑さんぽ~何か落ちてきた

「あそこにシラサギがいるよ。」 「ほんとだ。府中郷土の森にもいたよね。」 「水辺は自然が豊かだよね。」 ポン 「痛っ」 ミーの頭に木の実が落ちてきて、プーが拾いました。 「大丈夫?これ何の実だろうね。」 「見せて。皮は梨みたい。今ちょうど食べごろなのかな?」 ミーはクンクン嗅いでみます。 「何だか分からないから、食べない方がいいと思うよ。」 「…

続きを読む

処暑さんぽ~自然の中の芝川

鉄橋を抜けて少し行くと、目の前に芝川が美しく広がりました。 「わあ!ここの絵を絵本の表紙に使ってみようかな?」 「きれいだね。話はもう決まったの?」 「うん、だいたいね。」 「どんなの?」 「ヌゥがお散歩して、転んで、案山子に励まされて、日が暮れてバイバイするの。」 「そうなんだ。案山子で有名なのはもっと北の方だけど、お話だからいいよね。」 「うん。最初は加田屋新田まで…

続きを読む