続・夏の美味しいうみさんぽ~カジキ解体前編

黒い煙を吐いて大きい白い船が真横に入港してきました。 「わー!客船だよね。」 大洗‐苫小牧間を航海するさんふらわあ号でした。 1時半。 「昨日釣れたカジキの解体ショーを始めるので、前の方までお越しくださーい。」 少し出遅れたミー達。 「人だかりで見えないね。」 「冷蔵してないのでもう食べることはできません。」 (なんだー。) 「鼻を切りたいチ…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~茨城ビルフィッシュトーナメント

「カジキの解体ショーまであと1時間ちょっと。先にショッピング済ませちゃってもいいけど・・・。」 「ちょっと休みたいな。」 「日陰に席あるから座ろ。」 屋根付きのステージ前へ。 「私たちの教室には250人の生徒が・・・」 「え!そんなに?」 「儲かりそう。」 「日立のサンドアートの時もフラステージあったよね。やりたいって言ってなかった?」 「おばさんぽいからよせって…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~海風舞う会場

キーンコーンカーンコーン 「12時か。もうここ大洗港だよね。」 「磯ぶし踊り子の像だって。2人、同じポーズして。」 カシャ 「スイッチ押すと磯ぶしが聴けるんだ。」 ♪~♪♪ 「日本の心~。」 海の感謝祭会場、第4埠頭に近づくと異国の音楽。 「これ何語だろ?あ、フラだからハワイ語か。」 ダンスステージショーをやっています。 「出店見よ…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~港に到着

海沿いの大通りまで来ました。 「大洗港はどっちだろ?」 「グーグルマップ見る。」 右の方でした。 「ミー!動かないで。」 「アハハハハ!」 「何!虫?やー!」 「セミだから。」 カシャ 「刹那の命、惑わすお尻。」 「もう、そんなとこ止まってる場合じゃないよね。」 鳴かないからメスでした。 明日は「海風舞う会場」です。

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~お祭り遭遇

きらめき通りをお散歩して行くと、お好み焼き屋さんの出店に人だかり。 向こうからピーヒャラ聞こえてきます。 「山車が来た!」 カシャ カシャ 大洗八朔祭りです。 「グッドタイミング!」 「ひょっとこ舞い踊ってるね~。」 拡大して見たらひょっことは違いました。 「お好み焼きしか売ってない。」 「別んとこでもっとやってるはず。」 「カジキの解体もお祭りに…

続きを読む