佐原へのお得な行き方~駅間散歩その1西船橋から西船

JRだけで佐原に行くと高くなります。 JRで上野から佐原に行くより、上野から京成線で京成成田を経由すると300円以上安く行けます。 出発点が上野から遠くなるとメトロを使って西船橋まで行き、西船橋から京成西船まで駅間散歩すると安くなります。 例えば中野からの場合、JRで佐原まで1944円ですが、メトロを使って西船橋から西船まで駅間散歩すると600円以上安いです。 また、メトロと…

続きを読む

佐原きものさんぽ

日本各地でひな祭りイベントが開催されますが、小江戸佐原の雛めぐりでは古い町並みの中で楽しむことができます。 「もしもし、小江戸きものさんぽしてるんだって?」 「うん、川越楽しかったよ。」 「私も和の散歩興味あるな。」 「やっぱり?国際人として?」 「私今度出張で成田に泊まるから、その日一緒に佐原行かない?」 「うん、行く行く。今「さわら雛めぐり」ってやってるらしいよ。」 「…

続きを読む

川越きものさんぽ~着物エピソード後編

大正浪漫夢通りで見かけたレンタル着物らしい西洋人の家族連れは、羽織もショールもなしでした。 日中でずっと歩いているのならそれでも大丈夫かも知れません。私は帰りは夜になったので、羽織にマフラーでちょうど良かったです。 ~駅で~ 乗り換えに間にあうようにホームでちょっと急いだら、草履が脱げて前方に1mくらい滑っていきました。 線路に落とさないように気をつけなくては。 …

続きを読む

川越きものさんぽ~着物エピソード前編

節分の川越で着物の人たちを二組見ました。三が日の新宿池袋では一人しか見なかったので、やはり小江戸川越では比較的着物でなじみやすいということになると思います。 当日の着物話です。 ~装備~ ポリエステルの長襦袢 ウールの着物と羽織 スエードの布の半襟 ポリエステルの半幅帯 毛糸の帽子とマフラー メンブロードの足袋とタビックスの重ね履き(足の指の間に脱脂綿) ウレタ…

続きを読む

川越きものさんぽ~町並み

古き良き日本の魅力が詰まった川越一番街の町並み。行きたいお店がありすぎて全部は見れませんでした。またゆっくりお散歩してみたいです。 喜多院参道にて 「このお店、時の鐘がついてるよ!」 「面白いね。おそば屋さんかぁ。」 一番街にて 「ねぇ、見て見て!ステンドクラスだよ。」 「洒落た歯医者さんだねぇ。一番街のあたりは凄いね。」 「うんうん。喜多院までの道…

続きを読む