続・夏の美味しいうみさんぽ~花火待つ鹿嶋へ

4時半ごろ大洗を発車。大洗鹿島線で南下していきます。 「さよならマリンタワ~。」 市街を過ぎると緑に囲まれます。 5時過ぎ、北浦湖畔。 「右側に見える。」 カシャ 「北浦で花火上げるんでしょ?」 「そう。北浦細長いから、もっと南の方ね。」 4駅先が長者ヶ浜潮騒はまなす公園前。 「日本一長い駅名って書いてある。」 カシャ 「心に残る…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~帰り道に戦車

サンビーチ通りを渡って駅に向かうと、「↑のれん街100m」と書いてあります。 「こっちが商店街か。行ってみよう。」 町役場から祭り装束の人達がゾロゾロ。 「向こうでお囃子。」 商店街に屋台が出ています。 「旅人の後ろ髪引く夏祭り。」 「時間ないから見るだけね。」 交差点の左の方に人だかり。 「山車?戦車の形だ!」 カシャ 空砲に歓声が上…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~お昼は明太子

売り場を素通りして奥のフードコートへ。 「明太子カラーが基調になってるんだ。」 「ちょっと並ぶね。」 「焼きたらこと紅鮭は売り切れだって。」 残りは明太子おにぎりとミックス(明太子・紅鮭)おにぎり。 みんなでおにぎり(380円)と明太ソフト(350円)を買って席へ。 「太平洋から降り注ぐ日射し。」 「海をバックに客席撮れない?」 「ソフト持ってて。・・・外明る…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~海の傷跡

めんたいパークの駐車場を横切り入口へ。 「コキアの花壇だね。」 「3.11の津波ラインだって。」 カシャ 「海のまた一面。」 「海辺もいいことばっかじゃないねえ。」 「街は街で危ない。」 「防災リュック用意してる?」 「一応。」 「食べ物の備蓄はあるけど・・・。」 「避難所でチビッ子にも分けてあげるんだよ。」 「何を妄想してるの。」 「分けたくない?」…

続きを読む

続・夏の美味しいうみさんぽ~めんたいパークへ

2時半、荷物の整理。 「水戸で入れた氷、まだ残ってる。」 「真っすぐ行ったらめんたいパークか。」 さっきパンフレットももらいました。 「マリンタワーもちょっと入ってみない?」 1階おみやげコーナーに入ると青い光が差し込んでいます。 「ここは海の底?こんにちは、海の仲間たち。」 「まだそれ引っ張るんだ。」 「天窓に色が付いてる。」 カシャ 「…

続きを読む