続・夏の美味しいうみさんぽエピローグ後編

千葉から帰って、ミミは生落花生を夜食にゆでました。 「あー美味し。これモンブランに出来そうじゃない?」 「そうか。」 「ゆでただけじゃ大して金取れねえもんな。」 「パパ食べないかな・・・。」 旦那さんは夕食もあまりのどを通らず、寝室に籠ってしまいました。 「働けるだけでも有難いのにねえ。」 旦那さんは会社を辞めたらお豆腐作るのを手伝うことに。 お豆腐作りは…

続きを読む