秋の美味しいうみさんぽプロローグ

ユリが帰り、秋めいてきてなんだか物悲しいミー。 (今日は十五夜なのに1人か。ユリに手紙でも書こうかな。) ポストまで散歩したらそのまま帰るのが嫌になり、ミミのとこに豆腐を買いに。 「ナナちゃん、木綿1丁ちょうだい。」 「はーい。ママー、ミーおばちゃん来たよー。」 「ミー、秋の味覚どうする?」 「キノコ狩り行きたい。BBQしよ〜。」 「店と関係ある?」 「キノコ…

続きを読む