関西天神さんぽ(お伊勢もあるよ)~天神様の絶景

楼門のベンチで休憩。 公園の池の向こうに和歌浦湾が見えます。 「あ、波の音が聞こえてくる。」 「え?」 「ザーッて言ってる。」 「効果音つけてくれてる自動車よ〜。」 「アハハハー。」 「でもさ、道真公も辛い旅だったけど、綺麗なもの見れたんだねえ。」 「昔はもっと綺麗だったかもね。」 「和歌の浦〜万葉集の歌枕〜。」 「歌枕ってなんだっけ?」 「定番の名所だっけ?」…

続きを読む

関西天神さんぽ(お伊勢もあるよ)~2つ目の天神グッズ

本殿まで上りました。 「あー、喉かわいた。自販機無いなあ。」 「いい感じ。」 カシャ 「絵馬が多いね。」 「わあ、楼門から和歌浦湾が絶景だあ。ベンチあるから休もうよ。」 「先にお詣りしろー。」 ガラン、ガラン、 チャリン、 パンパン 「よーし、社務所だー。」 先客が呼び鈴をチーン。 しばらくして人が来ました。 「梅のかわいいお守り無い…

続きを読む

関西天神さんぽ(お伊勢もあるよ)~和歌浦に吼えるミドリ

男坂と女坂に別れて。 「フー、フー、女坂でもちょっと辛い。」 「梅の灯籠かわいい。」 カシャ 「梅にはまだ早いみたいだね。」 遠目には蕾が固い、男坂の梅。 「あー!この梅咲いてるー!」 「おー!春風ミドリのために来たる~。」 「ユリ白居易好きなのー?」 『春風』ーーー春風我ガ為ニ来タルト 「ミドリが好きだと思っておさらいしたよ~。」 …

続きを読む

関西天神さんぽ(お伊勢もあるよ)~和歌浦天満宮へ

権現前。 「昭和なパン屋さんだ。」 「後にしてー。」 道路の向こうに鳥居が見えます。 「紀州東照宮だよ~。」 道路を渡って東照宮と公園の間を進みます。 「東照宮の方が人気スポットだけどね~。」 「なんでだー!」 道真公の方が偉いと言いたそう。 「天神様って受験生向きだよね。」 「大人も勉強しろー。私もかー。」 「和歌浦天満宮も素敵だよ~。…

続きを読む

関西天神さんぽ(お伊勢もあるよ)~和歌山市駅から出発

翌朝。 ご飯の炊けるにおいで目を覚ましたミー。 「おばちゃん、おじさん、おはようございます。」 ユリパパ、朝はパン。 「梅のおにぎりと松坂牛の味噌漬けのおにぎり作っておくからね。」 紀州名物の具。 「わーい。」 10時10分前に和歌山市駅前へ。 「カステラ1番バス停は2番~。」 たくさん並んでいます。 「座れないかな?」 別の…

続きを読む