SDみさんぽ:多摩湖へ第一部~SDのチャンス

6時前に山門を出ると、参詣客が。 (端っこに避けよう。) 「全然来ない訳じゃないのなー。」 「あ、逆から読むと宮野熊って名前みたい。」 「ほら熊さん帰るぞー。」 「はいはい、八つぁん。」 「八つぁんじゃねー!」 「私、熊さんっぽい?」 「熊さん八つぁんてより熊系ー?」 「それってそう言う意味だったっけ?」 駐輪場へ。 ダムダムダム・・・ 「向こうで…

続きを読む

SDみさんぽ:多摩湖へ第一部~探索終了

「天神様祀ってないのかー。」 「でも天神町で調べてここ知ったんでしょ?」 「ここ小川村の小川さんと天神社の神主さんで創ったんだとー。」 「ああ、そう言うことかあ。」 「ここはここでアリだしー。来てよかったー。」 「ねえ、あの端っこの石碑の中にもしかしてさあ・・・」 「読めんのー?」 「読めないかあ。社務所開いてたらお話聞けたのにねえ。」 「不要不急ー。」 「それ気に入っ…

続きを読む

SDみさんぽ:多摩湖へ第一部~ミニ祠

一本榎のそばに祠があります。 「これ可愛いねえ。キツネちゃんのお家って感じ。」 「こっちはお稲荷さんかー。」 「こっちは何だろ?」 「何も書いてないなー。」 「でも梅紋がないから天神様じゃないよね?」 「あー!」 「なになに?」 「窓の穴は紋みたいなもんかー。」 「自分はダジャレ言うじゃん!」 「ダジャレじゃねー!多分あれ稲粒だー。」 「あ、あのしずく型が?そう…

続きを読む

SDみさんぽ:多摩湖へ第一部~天神様はどこ?

「天神様どこかなあ?」 「裏行こーぜー。」 社殿の裏へ。 「あ!また御神木。」 「「武蔵野の一本榎」かー。」 こだいら名木百選。 「この辺も武蔵野なんだ。あ、この前国木田独歩の武蔵野、チラっとよんだよ。」 「チラっとって事は挫折ー?」 「そうなんだけど、冒頭に小手指古戦場が出てきてビックリ!」 「えー!気になるなー。」 「ミドリが全部読んで感想聞かせ…

続きを読む

SDみさんぽ:多摩湖へ第一部~探索開始

「誰もいないねえ。」 「ハメ外すなよー。」 「別に大人しく回るだけだよ。」 「ダジャレとかー。」 「それくらいいいじゃん。」 境内をお散歩。 「あ、ガクアジサイだ!」 カシャ 「キレイだなー。」 「このミニ神社は天神じゃないね。」 「梅紋じゃなくて巴紋だなー。」 「巴紋って言うんだ。」 「こっちもお詣りしとくかー。」 チャリンチャリン パン…

続きを読む