鎌倉おたくさんぽ~鎌倉名物

鎌倉街道を渡って「里のうどん」の店先へ。 「あ、鎌倉産のしらす不漁で駿河湾産だって書いてある。」 「こっちもか。味は同じだよね。」 「いらっしゃいませ。テーブル席とお座敷がありますが。」 お座敷にしました。 「しらすとすだち出汁正油うどんで。」 1000円 「私はバラ丼。」 860円 「かしこまりました。」 「それにしたんだ。ガッツリいくね…

続きを読む

鎌倉おたくさんぽ~オアシス発見

木陰でリフレッシュしたミーとミミ。 「こっちの階段の方がゆるやかみたい。ちょっと上ってみようよ。」 脇の階段から本宮を目指してみました。 「やっぱしんどいや。お参りしないで先行っちゃっていい?」 「いいよ。どっかお店入りたいね。」 木漏れ日の中、階段を下りて行きます。 「なんか冷たいもの食べたいね。」 「うん。しらすもいいね、さっぱりしてて。」 「でも…

続きを読む

鎌倉おたくさんぽ~七夕飾りを眺めて一休み

鳩みくじの凶がよっぽどショックだったのでしょうか? 「ああ、なんかクラクラする・・・。」 「え!熱中症?」 「わかんない。日陰で休みたい。」 本宮への石段横、大銀杏の囲いの近くで腰を下ろしました。  ふう 「涼めるね。」 「ごめんね、バテちゃって。」 「私も休みたかった。」 駅から1時間半経っています。 「絵馬が銀杏の形だ。」 立ってちょっと…

続きを読む

鎌倉おたくさんぽ~みさんぽおみくじシリーズ

舞殿で七夕飾りがサラサラゆれています。 「ここのおみくじかわいいんだって。」 鳩みくじ、全7色、200円。 「ピンクにしよう。わー、鳩の根付けかわいい!」 「おみくじは?」 「怖いからミミが見て、はい。」 「ん。・・・。」 「え!凶?」 「凶。」 「わー!」 「気にし過ぎ。」 「・・・駄目と思えば失うって書いてある。」 「そうだよ。早く結んじゃいな。」…

続きを読む

鎌倉おたくさんぽ~鶴岡八幡宮

羽床総本店の隣のお店に「生しらす到着待ち!」と走り書きしたプレートが。 「いつもあるわけじゃないんだ。」 「しらすといくらのミルフィーユ、気になってたんだけどな。」 もうシラスの時期も終わりかけていました。 「カッコいい酒屋がある。」 カシャ 「三河屋の元祖なんだって。」 小山の手前に鶴岡八幡宮の鳥居が見えてきました。 鳥居をくぐって朱塗りの欄…

続きを読む