せったいみさんぽ~七福神勢ぞろい

ミニストゥーパも見てから隣の毘沙門堂へ行くと… 「ちょっとちょっと!全員揃っちゃってるじゃん!」 「ここは小田原七福神の中でもアクセスがちょっとな。」 「ズルくない?ズルくない?」 「ちょうど良かったな、途中で雨になるかも知れんしな。」 「これがセブンラッキーゴッドか。」 「一番上の彼、いい笑顔だわ。」 「恵比寿顔だから恵比寿さま?」 「米俵に乗ってるから大黒様だな。…

続きを読む

せったいみさんぽ~毘沙門天のメジロ

「語るのもほどほどにな。」 「たくさん聴きたいわ、ミー。でもちょっといらっしゃい。」 「はいはい!よっこいしょ。」 鐘を回り込むと… 「ラブリー!ラブリー!」 「メジロと言うよりジャワスズメだ。」 ブンチョウのことです。 「クー、冥加力ってなんだろねえ?」 夫にググらせるミー。 「ゴッドパワーと言ったところだな。あと、「冥加に尽きる」は「冥利に尽きる…

続きを読む

せったいみさんぽ~毘沙門天からなぜか夏目漱石

「地震の話で出てきた神様も軍神じゃなかった?」 「八百万の神とか、ふぅ…、言いますから。」 息を切らして上ります。 「軍神は他にも応神天皇がルーツとされる八幡神、近代では乃木神社の乃木将軍…」 「殉職、殉職!明治天皇崩御して!」 「Oh!」 本殿前へ。誰もいません。 「夏目漱石の『こころ』でですねえ… どっこいしょ。」 「小田原を見晴らせるわ!」 「『…

続きを読む

せったいみさんぽ~小田原城と毘沙門天

参道を行きます。 「謙信は毘沙門天への信仰篤く…」 「独身だったから女説もありましてねえ。」 「Oh!」 「とても有力な武将でしたが、小田原城は落とせなかったのです。」 「小田原城最強だったのにねえ、最後は秀吉に落とされちゃってねえ。」 「城が落ちたんじゃなくてな、降伏したんでな。」 「小田原城が最強の城なのか?」 「戦国時代最強だったのが小田原城で、小田原城を参考に…

続きを読む

せったいみさんぽ~毘沙門天へ

1554年創建の潮音寺。 「北条氏康が勢力を拡大していた時期だな。」 「あ、小田原城って北条氏だったっけ?」 「それでよく日本史高得点だったな。」 「HAHAHAHA!」 「去るものは日々に疎しって言うしさあ。」 「温故知新とも言うな。」 「まあ、まあ。」 「毘沙門天が財宝、知恵、福徳の神だって、万能すぎない? 多神教なのに一人で随分…」 「毘沙門天って戦いの神だと…

続きを読む