マカコさんの磁器婚式~昼下がりの東海館

お湯かけ福禄寿(1).jpg


マカコ  にこ.jpg「おまたせー。さっぱりしたわー。」
マカコ夫.jpg「帰りの電車まで時間あるけどどうする?」
マカコ  にこ.jpg「早めに帰っても良いけど、前取材した時お湯かけ七福神全部回れなかったのよねー。」
マカコ夫.jpg「それは遠いのか?」
マカコ  にこ.jpg「帰り道よー。」
マカコ夫.jpg「七福神全部にミカコの合格をお祈りしていくか。」

和田寿老人の湯から大通りに出て、駅を目指します。

マカコ夫.jpg「あれが東海館か。」

東海館が見える「いで湯橋」に差し掛かると、空高くトンビが舞っていました。

マカコ  にこ.jpg「遊覧船で餌やった時はトンビいなかったのよねー。」
マカコ夫.jpg「遊覧船乗らなくても良いのか?」
マカコ  にこ.jpg「今日はもういいわー。土日祝日だと東海館で温泉入れるからまた来たいわー。」
マカコ夫.jpg「また来ような。」

アーケード街を通り過ぎ、湯の花通りに入ると、道に弁天様の絵がありました。

マカコ夫.jpg「これが七福神か?」
マカコ  にこ.jpg「前はこんなのなかったわー。いろいろやってるのねー。」

布袋に娘の大学合格を祈ってから恵比寿にたどり着くと、カップルが写真を撮っていました。

マカコ  にこ.jpg「他にもお湯かけ七福神やってる人いるのねー。」
マカコ夫.jpg「あそこの角を曲がったぞ。」
マカコ  にこ.jpg「あっちは行ったことないわー。」
マカコ夫.jpg「ついて行ってみようぜ。」

パチンコ屋さんの先の角をちょっと入ったところでさっきのカップルが大黒天の写真を撮っています。

マカコ  にこ.jpg「こんなところにあったのねー。駅から来ると大黒天様の背中がちょっと見える感じだからわかりにくかったんだわー。」

さらにカップルについて路地裏に入ると、わさび山城屋のところに福禄寿がいました。

マカコ  にこ.jpg「こんなところにいたのねー。」
マカコ夫.jpg「これで揃ったのか?」
マカコ  にこ.jpg「あとはメインストリートにあるはずだけど、戻らないとダメかも―。」

そのまま路地裏を進み、湯の花通りに戻ると、パチンコ屋さんの角に毘沙門天がいました。

マカコ夫.jpg「これで5つ目だな。」
マカコ  にこ.jpg「寿老人はパン屋さんの前、弁天様は子持ち湯のところにいるわよー。」
マカコ夫.jpg「戻らなくても全部回れるようになってるんだな。」

お湯かけ七福神全てにお祈りして駅に着きました。

エルアイコン80706.jpg


帰りに伊東で2.jpg


明日は「エピローグ」です。

"マカコさんの磁器婚式~昼下がりの東海館"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。