東海道みさんぽ七福神~小田原城南入り口

御茶壷橋を渡って城外へ。 「おみやげ屋さん!おみやげ屋さん!」 「ネットショッピングで済ませなさい。」 「あ、おみやげ屋さんの前にマップがある。」 藤棚交差点を渡り。 「報身寺と圓福寺も載ってる。」 「小田原七福神には「七」が付いてるのね。」 「圓福寺のそばにかまぼこ通り!かまぼこ通り!」 「お兄ちゃん待たせられないよ。」 「まだまだ小田原も廻りきれないわね…

続きを読む

東海道みさんぽ七福神~落ちた石垣

坂の途中で。 「滑り落ちた本丸の石垣…」 「これ落ちたやつなのかあ。」 「やっぱり関東大震災で?」 「ええと… そうだって。」 「どれどれ… ええっ!城内に御用邸があって震災で壊れたんだって!」 「御用邸って日光で行ったよね。」 「お揃いの傘でお散歩!田母沢御用邸ね。」 「愛子様グッズ買ったなあ。」 日光彫のゴヨウツツジのお盆は宝物です。 明日は「…

続きを読む

東海道みさんぽ七福神~残りの七福神へ

人心地つき、気を取り直すミー。 「抹茶飲もう、抹茶飲もう。」 「もう12時半過ぎたよ。」 天守閣登城口の方から南入口へ下りて行きます。 「でもさあ、キー、慣れちゃえばさあ…」 「なに遣り手ババアみたいなこと言ってるのよ。」 「ミーが泣きながらミミに連れて来られた時ね…」 「ああ、高1の春にねえ。」 「私、ちょっとデート?して…キスされそうになって逃げて来たとこで……

続きを読む

東海道みさんぽ七福神~天守閣前

玉砂利に足を引きずり歩きます。 (なんか言わなきゃ!なんか言わなきゃ!) エルを盗み見ようとしたら目が合ってしまい、慌てて視線を逸らします。 (ミー、お茶店にも反応しないのね。) 「ううっ…」 ミーは泣き出してしまいました。 「泣くほど変なことかな?」 「それは違うんじゃない?」 「私、役立たず、役立たずで…」 「役になんか立たなくていいよ。」 …

続きを読む

東海道みさんぽ七福神~毛づくろい

わりと人気の猿小屋。 「こっちがすいてるわよ。」 「猿が少ないじゃん。」 「すくまで待とうよ。」 「こっち来い、こっち来い。」 「ちょっとは見えるじゃない。」 人が退いてきました。 「毛づくろいしてるねえ。」 「交尾もするよね…」 「急に何言ってんの!」 「キー、それが嫌だったのね。」 「えーっ!」 キーは否定しませんでした。 明日は…

続きを読む