秋の美味しいゆさんぽ~揺れる吊り橋

吊り橋をのんびり渡っています。 「下流はさらに激しいねえ。」 ザバザバザバ・・・ 「わー!」 走ってくる人がいました。 「バウンバウンゆれる。」 「怖い怖い!」 「行ったよ。」 「怖かったー。」 「端っこ怖くない?」 「つかまってると安心するから。」 明日は「一休み」です。

続きを読む

秋の美味しいゆさんぽ~釣り堀はつり繋がり?

川の向こうに溜池が見えました。 「人がいっぱい。」 「何だろ?」 「釣り堀?」 「ああ、釣り堀だ。釣り人は朝が早いねえ。」 「いろいろあるね。」 「さっきテニスコートもあったしね。スキー場もあるらしいし。」 「リゾート地?」 「なのかな?」 明日は「揺れる吊り橋」です。

続きを読む

秋の美味しいゆさんぽ~増水している川

ザ――ッ 大雨の後で増水している薄根川。 吊り橋をスタスタ行くミミ。 「ゆれない?」 「ゆれない。下、何かある。」 ちょっと進むと田んぼアートだと分かってきました。 「令和。」 カシャ 「右のは何かキャラだね。もう大分痛んでる。」 「令和、ミドリ喜んでるね。」 「出不精だったのに張り切っちゃってねえ。」 「結婚資金貯める気ないのか。」 「ミドリ…

続きを読む

秋の美味しいゆさんぽ~つり橋を渡ろう

ホテルから田園プラザまではお散歩コースです。 少しコースを外れていましたが水車小屋は見れました。 「橋だ。」 「散歩の人いなかったね。みんな車で行くのかな?」 川場かるた散策のプレートが立っています。 「さっきもあった。」 「「は」は薄命の歌人江口きち。・・・兄と自殺だって!」 「なんで!」 「書いてない。」 「自殺はダメ。」 「そうだねえ。大失敗して死に…

続きを読む

秋の美味しいゆさんぽ~レトロな建物たち

芝の広場には・・・ 「わあ、古めかしい学校だ。」 「カッコいい。」 カシャ 「歴史民俗資料館だって。」 「今は昔だねえ。」 「映画のセットみたい。」 「入りたい?」 「いい。」 「じゃ、行こっか。」 「芝の香りする。」 「雨上がりだから埃っぽくなくていいね。」 明日は「つり橋を渡ろう」です。

続きを読む