せったいみさんぽ~字とか

線路に沿って進み。 「南無妙法…」 玉傳寺の石柱です。 「よくこんな文字を読める。」 「下の方はわかんないですけどねえ。」 「くずし字は厄介ね。」 「ここで左折です。」 細めの道路を上って行きます。 「祖母もねえ、くずし字でしたけどねえ。」 「素敵よね。」 「自己流でねえ、つまりねえ、デタラメだったんですけどねえ。」 「HAHAHAHA!」 「…

続きを読む

せったいみさんぽ~赤い鳥

横断歩道を渡って線路をくぐると、 「わあ!すごい、すごい!」 「何がすごいの?」 「北原白秋赤い鳥記念って! 『赤い鳥』はですねえ、児童文学の雑誌でねえ、白秋も関わっててねえ。」 「Oh! ミーも読んだことあるの?」 「復刻版を母が買って来てくれたのにねえ、つい「日本のお話は好きじゃない」ってねえ、そんな頃もあったのでねえ。」 とは言え『蜘蛛の糸』や『ごん狐』は知らな…

続きを読む

せったいみさんぽ~5つ目の七福神へ

「羊羹とお茶って元気出ますよねえ。」 「そうね。」 「アイスクリームとコーヒーほどじゃない。」 「それもいいですけどねえ、胃に来そうですねえ。」 「次の『海と城の見える丘』まで上り坂になりますが、大丈夫ですか?」 「足まで浸かればずぶ濡れになれだ。」 Over shoes, over boots. 英語のことわざです。 「距離的には1km程度ですよ。」 東海道…

続きを読む

せったいみさんぽ~羊羹はよう噛んで食べよう

片野屋呉服店でベンチ休憩。 「詰めればクーも座れるのにさあ。あ、そうそう。」 ゴソゴソ…… 「七福神、七福神!」 「Oh!」 「羊羹か。」 「苦手な人もいますけどねえ。私もねえ、子供の頃はねえ。」 「納豆以外はOKだ。」 「もしかしたらランチのタイミングを逃すかもしれないし。」 「えーっ!」 「HAHAHAHA!」 「羊羹には緑茶が合いますから、さっき見…

続きを読む

せったいみさんぽ~休憩スポット再来

道なりに早川口から東海道へ。 「あ、ここから地図貼ってある青果店に出るのかあ。」 となりの片野屋呉服店へ。 「Oh!石と木とタイルと…」 「なるほど素敵休憩スポットだ!」 「白秋も来たことあるそうでねえ。」 「平塚で寄った着物ショップよりトラディッショナルな雰囲気ね。」 「売り物もそんな感じだろう。」 「たぶんそうでしょうねえ、中まで見たことないですけどねえ。…

続きを読む